理系・文系

今年は、5年生の連合音楽会も中止になってしまい、毎年、伴奏オーディションの曲を練習中の生徒さんがいた時期でしたが、今年は特にそんな話がありません。

 

でも、体育祭が終わり、ぼちぼち中学校の合唱祭や合唱コンクールの練習が始まる時期でしょうか。

例年通りだったり、延期になったりで、各中学校、様々なようですが、3月に合唱祭(合唱コンクール)という近隣中学校が2校あります。

伴奏に決まった、という声も、ちらほら聞こえてきました。

自分でどうにか出来ちゃう生徒さんもいることにはいるでしょうが、伴奏には伴奏の心得があるので、必ずレッスンに持ってきてくださいね!

クラス合唱は、伴奏者が引っ張っていかないと!とも思っているので、伴奏の勉強と思い、是非レッスンでもやりましょう。

 

 

ところで、

ピアノを習うと頭が良くなる

とか、

東大生はピアノを習っていた人が非常に多い

とか、

色々なところで聞きますね〜〜

 

どちらも、きちんとそういうデータが出ているようなので、信憑性が全くないというものではないにしても、

「ピアノを習うだけでは頭は良くならないよ〜」

と思うし、

「頭が良くなりたいからピアノを習います」というきっかけで教室にいらっしゃった方は、これまで1人もいません。

 

最近(でもないですが)調律の際に頂いた、楽器店のその手のパンフレットには、

ピアノ=リズム感が良くなる=必修科目になったダンスにも役立つ

と、

ダンスにまで繋げてきたか!

と、調律師さんと笑ってしまいました。

 

でも、今もこれまでも、長くピアノが続いている人は、ほぼ例外なく勉強も出来て、とても利発です。

ピアノがもたらす効果もなくはないけれど、

時間の使い方が上手い

やるべきことをきちんと逆算して出来る

そして意志が強い

というところが大きい。

逆に、中学生になってピアノが伸び悩むタイプは、これらが上手くいっていない場合が多く、勉強も伸び悩んでいく気配もしないでもない・・・・・・!?ので、

レッスンでも、上手な時間の使い方や、「こうやっている人もいるよ(いるらしいよ)」と、他の生徒さんの例をなんとなく出してみたり、

親の言うことを聞きたくない時期でしょうから、第三者の私の話なら少しは入っていくかな〜。。

 

 

さて、音楽や美術などの、いわゆる芸術系の進路は、「文系」です。

感情や、心で伝える、いわゆる「表現」の世界なので、理系か文系か、といったら文系で、受験科目に数学はありません。

でも、(美術は分かりませんが)音楽に関しては、理系の人が非常に多いと言われています。

音大にはいかず、一般大学卒でプロの音楽家になった方も稀にいますが、理系の学部出身が非常に多いです。

中高生の生徒さんと話していても、間違いなく理系のタイプだよな〜と感じる子もいます。

そもそも楽譜の仕組みって、算数の考え方ですよね。

4分音符・8分音符

2拍子・3拍子

調や和音なんかも、理系の頭で理解していくような気もします。

バッハをやりだすと、テーマだったり転調だったり、というのを読み解いていくことになりますが、それって、美術で言う「絵を描く」ではなく、「設計」の言葉の方が合っているように感じます。

 

そういった数学的な楽譜の読み解きをコツコツ重ねつつ、「こういう感じ」「こういう気持ち」という感性を大事にしつつ、ピアノと共に成長していくと、、、

やっぱり「脳に良い」「頭が良くなる」に繋がるのかしら・・

 

最近は、勉強・部活・ピアノと両立している中高生の生徒さん達が増え、

やっぱりこの10代、頭も体も大いに使う時期だなぁと、感じます。

 

関東は色々な選択肢があり、娘の進路というか方向性も定まらず・・なのですが

やっぱり10代で頭を使わせる!というのは大事だ・・

この時期に大人になるための色々な知識や土台が出来るのだなぁと、

勉強を放棄させてはいけない、、と強く思います。

 

、、と、何人もの生徒さんで、これまで何度となく、そういったことを実感しているはずなんですが、

自分の子供となると全く分からなくなるというのも、良くある話で、、、

なんだろう、、、自分で出来る賢い子になる気配が全くしない 汗・・

  • 2020.10.16 Friday

理系・文系

今年は、5年生の連合音楽会も中止になってしまい、毎年、伴奏オーディションの曲を練習中の生徒さんがいた時期でしたが、今年は特にそんな話がありません。

 

でも、体育祭が終わり、ぼちぼち中学校の合唱祭や合唱コンクールの練習が始まる時期でしょうか。

例年通りだったり、延期になったりで、各中学校、様々なようですが、3月に合唱祭(合唱コンクール)という近隣中学校が2校あります。

伴奏に決まった、という声も、ちらほら聞こえてきました。

自分でどうにか出来ちゃう生徒さんもいることにはいるでしょうが、伴奏には伴奏の心得があるので、必ずレッスンに持ってきてくださいね!

クラス合唱は、伴奏者が引っ張っていかないと!とも思っているので、伴奏の勉強と思い、是非レッスンでもやりましょう。

 

 

ところで、

ピアノを習うと頭が良くなる

とか、

東大生はピアノを習っていた人が非常に多い

とか、

色々なところで聞きますね〜〜

 

どちらも、きちんとそういうデータが出ているようなので、信憑性が全くないというものではないにしても、

「ピアノを習うだけでは頭は良くならないよ〜」

と思うし、

「頭が良くなりたいからピアノを習います」というきっかけで教室にいらっしゃった方は、これまで1人もいません。

 

最近(でもないですが)調律の際に頂いた、楽器店のその手のパンフレットには、

ピアノ=リズム感が良くなる=必修科目になったダンスにも役立つ

と、

ダンスにまで繋げてきたか!

と、調律師さんと笑ってしまいました。

 

でも、今もこれまでも、長くピアノが続いている人は、ほぼ例外なく勉強も出来て、とても利発です。

ピアノがもたらす効果もなくはないけれど、

時間の使い方が上手い

やるべきことをきちんと逆算して出来る

そして意志が強い

というところが大きい。

逆に、中学生になってピアノが伸び悩むタイプは、これらが上手くいっていない場合が多く、勉強も伸び悩んでいく気配もしないでもない・・・・・・!?ので、

レッスンでも、上手な時間の使い方や、「こうやっている人もいるよ(いるらしいよ)」と、他の生徒さんの例をなんとなく出してみたり、

親の言うことを聞きたくない時期でしょうから、第三者の私の話なら少しは入っていくかな〜。。

 

 

さて、音楽や美術などの、いわゆる芸術系の進路は、「文系」です。

感情や、心で伝える、いわゆる「表現」の世界なので、理系か文系か、といったら文系で、受験科目に数学はありません。

でも、(美術は分かりませんが)音楽に関しては、理系の人が非常に多いと言われています。

音大にはいかず、一般大学卒でプロの音楽家になった方も稀にいますが、理系の学部出身が非常に多いです。

中高生の生徒さんと話していても、間違いなく理系のタイプだよな〜と感じる子もいます。

そもそも楽譜の仕組みって、算数の考え方ですよね。

4分音符・8分音符

2拍子・3拍子

調や和音なんかも、理系の頭で理解していくような気もします。

バッハをやりだすと、テーマだったり転調だったり、というのを読み解いていくことになりますが、それって、美術で言う「絵を描く」ではなく、「設計」の言葉の方が合っているように感じます。

 

そういった数学的な楽譜の読み解きをコツコツ重ねつつ、「こういう感じ」「こういう気持ち」という感性を大事にしつつ、ピアノと共に成長していくと、、、

やっぱり「脳に良い」「頭が良くなる」に繋がるのかしら・・

 

最近は、勉強・部活・ピアノと両立している中高生の生徒さん達が増え、

やっぱりこの10代、頭も体も大いに使う時期だなぁと、感じます。

 

関東は色々な選択肢があり、娘の進路というか方向性も定まらず・・なのですが

やっぱり10代で頭を使わせる!というのは大事だ・・

この時期に大人になるための色々な知識や土台が出来るのだなぁと、

勉強を放棄させてはいけない、、と強く思います。

 

、、と、何人もの生徒さんで、これまで何度となく、そういったことを実感しているはずなんですが、

自分の子供となると全く分からなくなるというのも、良くある話で、、、

なんだろう、、、自分で出来る賢い子になる気配が全くしない 汗・・

  • 2020.10.16 Friday

HPの発表会ページ、あと少しだけお待ちください&来年の発表会

すっかり秋ですね。

 

春に開催出来なかった小学校の運動会の代わりの行事(体育発表会?)や、同じく中学校・高校の体育祭、幼稚園保育園の運動会の時期のようで、

スポーツの秋ですね!!

 

ピアノ教室の生徒さん達、中高生を見ると、運動部率がすごく高い!

ピアノも弾けて運動神経も抜群です、という子が多くて、本当に尊敬します。

(私は、ピアノは弾けても、体育は全くダメ・・・もちろんそれを完全に受け継いでいる娘も・・・)

走る様子や部活での様子を知ることは出来ませんが、きっと、発表会でドレスで演奏する姿からは想像も出来ない感じなんだろうな〜と、勝手に感心しています。

 

それにしても、運動がダメな私からすると、体育祭のクラス対抗の全員種目(クラス全員リレーやら、大繩やら。。)の話を聞くと、それだけでドキドキ・・(迷惑をかけてしまうタイプの人間だったため)

 

ブログに書いたことがあったかな〜、、、、、レッスンでは、笑い話で話したりするんですが、

音大の授業でも体育実技がありました。(たぶん教職を取っていたのであったのだと思います)

20歳前後の大学生なんて、そもそもそんなに全力で体育なんてやらないと思いますが、それにしても、音大生の体育の出来なさっぷりは凄かった(笑)

そもそも、高校時代、運動部だった人は(たぶん高確率で)ゼロ。

学校以外の時間は練習とレッスンで忙しい為、ほぼ帰宅部か、音楽関係の部活。

走れない、腹筋背筋も出来ない、ボールは使えない、、からといってラケット関係も全く当てられない、まともに出来るのはラジオ体操ぐらい、という、夢のような(笑)感じで、

腹筋が(たった)10回ぐらい出来る人を賞賛するという、そんな感じでとても良かったです 笑

 

 

と、またまただいぶ話が反れましたが、、、

 

発表会の写真データや感想文のお返事、

遅くなっておりすみません・・・

発表会の動画関係を優先させておりまして、すべて後回しになっています(><)

HPの専用ページに載せますとお伝えしている動画関係は、ほぼほぼ出来上がって来ていて、チェックをしたり、少し修正をお願いしたり、、という段階です。

今月中には載せられると思います。

遅くても、今月最終週にお月謝袋をお返しする際に、写真データ・感想文・動画ページのお知らせ、のプリントをお渡し予定ですが、

動画ページは、もしもう少し早めに出来れば、ラインでご連絡しますね。

 

それと、毎年おさらい会の時にプリントでお伝えしている、来年度の発表会。

一応、先月の抽選で、来年は、9月23日(木・祝)に、いちょうホールを予約しております。

市内のホールの抽選は1年前。市外の抽選は11か月前(市内の方の予約で残ったところ)なのですが、

今回は、市内のいちょうホールが先に取れたため、この予定で行きます。

ここ数年は連休中の開催が続いていましたが、来年は単独の祝日。

前日が平日の為、合わせ練習など、ちょっと考えないとな〜。

 

また、おさらい会ですが、例年通り、(まだに日程は決まっておりませんが)開催予定です。

昨年は2月開催でしたが、中高生のテストを考えると、3月以降の方がやっぱり良さそうですね〜。

日程は、もう少しお待ちください。

 

  • 2020.10.15 Thursday

生徒募集に関して(2020、10月)と在籍生徒さんの来年度のレッスン枠

前回のものと、ほぼ変更はありませんが、すぐにお受けできる枠は、幼稚園児のお子さん向けの

火曜日14:40〜

金曜日14:10〜

の2枠になります。

見学は行っておりませんが、体験レッスンをご希望の方は、申込フォーム又はお電話でよろしくお願い致します。

 

 

 

また、在籍生徒さん達は、発表会が終わりましたので、そろそろ来年度のレッスン枠を考えはじめる時期となります。

来年度も未就学児の生徒さんは、今の枠のままで考えておりますが、他の習い事等の関係などで難しいという場合は、早めにお知らせください。

来年度小1・中1になる生徒さん・6時間授業になり今の枠には間に合わないという方を中心に調整していきます。

来年度は、小1・中1になる生徒さんがあまりいませんし、中学生の生徒さんは、部活の関係で今の枠からは動けない子がほとんどです。

ですので、あまり大幅な変更はなさそうですが、1枠分ずれて頂いたり、場合によっては曜日変更をお願いしたり、ご協力頂く事があるかもしれませんので、よろしくお願い致します。

 

 

そして、在籍生徒さんの下のご兄弟で、来年度、入会を検討している方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

 

 

中学生の生徒さんが増え、遅い時間帯に来る生徒さんが増えたのもあり、夕方の時間帯に一時期よりもゆとりが出そうです。

何曜日の何時というのは、在籍生徒さんの調整が終わってからではないと何とも言えないのですが、15:30以降の枠でもお受けできる枠が出来ると思います。

少しお待ちいただいても良いという方・しばらくは不定期のレッスンでも良いという方も宜しければお問い合わせください。

在籍生徒さんからのご紹介の場合は、その旨をお伝えください☆

 

 

 

 

  • 2020.10.03 Saturday

素敵なサロン

急に寒くなってきましたね。

体調を崩されていませんか?

発表会が終わると、毎年、それまで荒れ放題だった家の庭の手入れを再開します。

9月下旬というと、ちょうどビオラやパンジーが出時始める時期なので、早速植え替えて、随分と秋冬使用になりました。

 

・・と、そんな感じで、発表会後の連休は過ごしていました。

 

また、先週水木金はレッスンをお休みにしていましたので、カワイ横浜店に行ってきました。

 

地元福島の母の教室で長年お世話になっていた方が、今は神奈川の支店長になられていて、10年以上ぶりになるのかな?!、またご縁があり、ご挨拶に伺ってきました。

母が自宅教室を始めた時からのお付き合いです。

その初めての発表会の時に、私は小1だったのですが、

その時に黄色いワンピースを着て弾いていたお嬢さん(笑)

というイメージが抜けないようで、未だに言われます 笑

今はネットがあり、女の子たちは、お手頃な価格で可愛いドレスがた〜〜〜くさんありますが、私が子供の頃は、そんなに手軽に発表会用ドレスが買えるわけでもなく(いや、これは田舎だったからなのか・・??)

小学生の間は、私は祖母お手製の衣装で発表会で演奏していました。

パフスリーブ・・なんて昔は言わなくて、ちょうちん袖(笑)の初代の黄色のドレス・・ではなくワンピース。

その頃から実家教室のことを何と気にかけて下さり、音大入学の際にグランドを買う時のもお世話になり、

今後、こちらの地でもまた色々とお付き合いができること、嬉しく思います。

生徒さんたちも、楽器購入の際などにはお世話になると思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが、カワイ横浜店には、「プラージュ」という素敵なコンサートサロンがありました。

表参道の本店にも「パウゼ」というコンサートホールがあり、こちらでは、何度かジョイフルステップアップステージがあり、生徒さん達数名が、何度か参加したことがあります。

その半分くらいの規模の素敵なサロンで、どの程度空きがあるかなど、分からないことの方がまだ多いのですが、何かの機会にうちの教室でも使ってみたいぁと、ちょっと夢を膨らませているところです。

横浜なので少し距離もありますし、50席のサロンなので、教室全体の行事ではなく、もっと小規模な使い方になると思いますが、

楽器店のショールームの付帯施設ということで、入っているピアノも音響も素晴らしいサロンでした。

表参道のパウゼの時もそうでしたが、参加した生徒さん達、「弾きやすかった」「気持ち良かった」と、やっぱり良いピアノ・良い会場は分かるんだな〜と。

コンクールというものにはなかなか手を出せずに(おそらく今後も・・)いますが、

教室の発表会・おさらい会、というものからは一歩出た会場・雰囲気で演奏するという経験はあっても良いのかなぁと、常々思っているので、何か出来たら良いな〜なんて思っています☆

 

 

 

さて、今週からレッスンも再開し、保護者の方とも発表会後、直接お話が出来たり、感想文も続々と集まってきました。

沢山の温かいお言葉も有難うございます!

お会いしていない生徒さんもまだ沢山いますが、ピアノ教室としては、年度末よりもこの時期の方が「区切り」となる感覚なので、

また気持ちを新たに頑張っていきましょうね!!

 

 

  • 2020.09.30 Wednesday

| 1/137PAGES | >>